2015年11月02日
静電気対策!

こんにちは!藤枝市の蓮華寺池公園の近くにある緑の看板か目印の美容室PETZnaアシスタント阿井 里沙です!

もう寒い季節になり乾燥する季節になりましたね!

静電気も発生しやすい時期ですね!

  
静電気が発生すると髪の毛のダメージにつながるのをご存知でしたか?

静電気が起きると、髪表面のキューティクルがはがれやすくなり、ダメージヘアが進んでしまうことがあります。キューティクルがはがれた部分からは、髪内部のタンパク質や水分が流出し、パサつきがひどくなって、髪がまとまらない原因にもつながります。
静電気は、頭皮にも悪影響を及ぼします。乾燥して帯電した頭皮は、チリやほこりを寄せ付けてしまいます。チリやほこりには多種多様の病原菌が付着していることがあり、これらが頭皮につくことで、頭皮のかゆみを引き起こしたり、乾燥してはがれた頭皮の表面から内部へ病原菌が入り込んだりし、頭皮トラブルを引き起こすこともあるのです。

静電気のダメージから何か防ぐ方法があれば……

大丈夫です!ありますよ!!

まずはブラシを変えること!

   
 ブラシを静電気が発生しにくい素材に変えるのもよいでしょう。プラスチックやポリエステル製は帯電しやすく、静電気が発生しやすいのでNG。おすすめなのは、木のブラシやクシです。先が丸く、頭皮を傷めないものを選びましょう。静電気が発生しにくいブラシも売られているので、探してみてはいかがでしょう。
ブラッシングする際は、まず毛先をとかしてから、ゆっくりと全体をとかすようにすると、髪へのダメージが低減されます。

意外!バランスの良い食事をとること!

   
 静電気を放出しやすいのは、弱アルカリ性の体質といわれ、身体を弱アルカリ性に保つためには、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルを多く含んだ食品を摂取することが大切です。

弱アルカリ性の身体に保つ食品は、大豆、昆布などの海藻類、ナッツ類、梅干し、らっきょ、ネギ、ニンニク、チーズ、漬物などが挙げられます。これらを意識して摂りつつ、バランスのよい食生活を心がけましょう。

いかがでしたか?

静電気はとても恐ろしいものですね!

冬でも保湿をしっかりしていきましょう!
これをやっていけば髪の毛がうるうるなのは間違いなし!是非やってみてくださいね!